08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ミシガン生活とアメリカカーライフ

ミシガン州在住。くるまとの日々、旅行記、日常のちいさな気づき事などを書いていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

2011 Woodward dream cruise (4) 



9月半ばになってずいぶん涼しくなりました。
予報では明日の朝の最低気温は42F(5℃くらい)。

DSCF5178.jpg

DSCF5180.jpg

ポンティアック ル・マン
コンバーチブル

DSCF5175.jpg

DSCF5176.jpg

クライスラー300S 1962

DSCF5179.jpg

フォード ギャラクシー 1964

DSCF5177.jpg

シボレー コルベット C3 1980~82?



スポンサーサイト
関連記事

category: クラシックカーショー

thread: 旧車 - janre: 車・バイク

cm 0   tb 0   page top

ポイント ベッツィー ライト ステイション (MILH tour vol.6)  


DSCF5092.jpg


↓↓専用ページがありました↓↓
http://www.pointbetsie.org/"





DSCF5084.jpg

DSCF5086.jpg

DSCF5089.jpg

DSCF5088.jpg

ミシガン湖。水平線。

DSCF5090.jpg

DSCF5091.jpg

上まで行くのは有料だったりします。
ことし行った灯台は有料が多い。

DSCF5093.jpg

DSCF5094.jpg

関連記事

category: ミシガン灯台ツアー

thread: 旅先での風景 - janre: 旅行

cm 0   tb 0   page top

インナーハンドルトリム補修 



ニュービートルのインサイドハンドルの周りは樹脂なんですが
二色成形になっていて表面が軟質の樹脂(ゴム?)になっています。

それが経年劣化で更に軟化、変質していて、更に爪やら鍵やらで
傷だらけの状態。これを今回は補修しようと思います。

DSCF5116.jpg

作業前の様子。見た目もヒドイですが、さわるとべたべたします。
経年劣化っておそろしい。


DSCF5118.jpg

近くで見るとこんな小傷がいっぱいです。


DSCF5119.jpg

#200


DSCF5120.jpg

まずは表面を#200くらいのやすりで剥いでしまいます。
ごくごく薄いゴムの部分はこれで全部除去されています。


DSCF5121.jpg

更に#600、#1500と仕上げていきます。


DSCF5123.jpg

黒でカラーリングしてもよかったんですけど、よく触れる場所なので
メッキ部品で仕上げることにしました。


DSCF5124.jpg

この切り抜かれたメッキプレートかなり安価なものでしたが、
それなりの品質でした。微妙にラウンドしているトリムに合わせて
癖をつけて取り付けるも、どこかが浮く…。

ちなみにトリム全体を覆うメッキのパーツもあります。
今回は黒の淵を残す方向で。


DSCF5125.jpg

クレイジーグル―!


DSCF5126.jpg

しっかりと貼れました。


DSCF5127.jpg

ちなみにこれがP席側。当然ミラースイッチはありません。
乗る頻度は少ないと思うのですが、傷の量はD席側とほとんど変わらない。

DSCF5128.jpg

完成。


関連記事

category: '02 VWニュービートル

thread: New Beetle - janre: 車・バイク

cm 0   tb 0   page top

自己紹介

カウンター

オンラインカウンター

QR code

カレンダー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。